BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

武士道 名言と作品紹介

内容紹介

かつての日本には、わが国固有の伝統精神があった。その一つが武士道である。それは、新渡戸稲造が1899年に英文で『武士道』を発表し、世界的な大反響を巻き起こしたことでもわかる。本書はその現代語訳である。...▼

名言抜粋

知識というものは、これを学...
その道を捨てて顧みず、その...
戦場に飛び込み、討ち死にす...
ニーチェが「汝の敵を誇りと...
幸いにも、慈悲は美しいもの...
ヨーロッパではキリスト教が...
礼の最高の形態は「愛」であ...
日本人の美しき礼儀の良さは...
礼儀は、仁と謙譲の動機から...
嘘は「心の弱さ」である。

作品について

『武士道』においては、外国人の妻にもわかるように文化における花の違いに触れたり19世紀末の哲学や科学的思考を用いたりしながら、日本人は日本社会という枠の中でどのように生きたのかを説明している。

島国の自然がどのようなもので日本独特の四季の移り変わりなどから影響を及ぼされた結果、日本人の精神的な土壌が武士の生活態度や信条というモデルケースから醸成された過程を分かりやすい構成と言葉で読者に伝えている。

例えば、武士や多くの日本人は、自慢や傲慢を嫌い忠義を信条としたことに触れ、家族や身内のことでさえも愚妻や愚弟と呼ぶが、これらは自分自身と同一の存在として相手に対する謙譲の心の現れであって、この機微は外国人には理解できないものであろう、といったことを述べている。しかしこれは新渡戸独特の考えであり、彼の思想を批判する書も出されている。
新渡戸稲造『武士道』PHP研究所
‹ 異邦人星の王子さま ›
こちらも閲覧されています