BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書
BookIndex
異邦人
カミュ
内容紹介
母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の...▼
名言抜粋
ひとはいつでも理性的である...
ひとはいつも、知らないもの...
結局において、ひとが慣れて...
寛容という消極的な徳は、よ...
君は死人のような生き方をし...
ひとびとの心を占めるという...
肉体的な要求がよく感情の邪...
人間はどんなことにも慣れて...
不運というものが何かは、誰...
あなたは変わっている、きっ...
作品について
『異邦人』は、アルベール・カミュの小説。1942年刊。人間社会に存在する不条理について書かれている。カミュの代表作の一つとして数えられる。1957年、カミュが43歳の若さでノーベル文学賞を受賞したのは、この作品によるところが大きいと言われる。
カミュ新潮文庫小説文学#人間#愛
カミュ『異邦人』新潮文庫
‹ 君主論武士道 ›
こちらも閲覧されています
名著一覧著者一覧名著史苦悩別索引おまかせ表示
© 2019 BookIndex
© 2019 BookIndex