136
ツァラトゥストラかく語りき

Content

内容紹介

「わたしはこの本で人類への最大の贈り物をした」(ニーチェ)。あかるく澄み切った日本語による正確無比な翻訳で、いま、ツァラトゥストラが蘇る。現...▽

冒頭・書き出し

ツァラトゥストラは三十路になったとき、故郷と故郷のみずうみをすてて山に入った。そこでみずからの精神をよろこび、孤独をたのしんで、十年のあいだ倦むこ
...▽

名言抜粋

わたしは心から願う。大地に忠実...
かつて神を冒瀆することが最大の...
本当に、人間は、汚れてながれる...
わたしの幸福が何だというのか。...
人間の偉大さは、人間が橋であり...
ツァラトゥストラかく語りき
ニーチェ
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

白鯨 上
メルヴィル
リヴァイアサン
ホッブズ
痴愚神礼賛
エラスムス
幸福論
ラッセル
自由論
ミル
ラ・ロシュフコー箴言集
ラ・ロシュフコー
自分の中に毒を持て
岡本太郎
幸福について
ショーペンハウアー
饗宴
プラトン
自助論
サミュエル・スマイルズ
二コマコス倫理学 下
アリストテレス
茶の本
岡倉天心

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング