BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

罪と罰 3 名言と作品紹介

内容紹介

殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の...▼

名言抜粋

ひとつだけ残念でならないのは、...
正直に言うと、ぼくは主義として...
なにごとも「社会的な立場と、そ...
つまり、権力っていうのは、身を...
まさかきみは、ぼくがわかってな...
あいつは仕事ができるし、勤勉だ...
ある種の人間を公平に判断すると...
夫婦間のできごととか、恋人同士...
自分の心配は自分でするもんです...
いまの時代はね、すべてがもう混...
ドストエフスキー『罪と罰 3』光文社古典新訳文庫
‹ 罪と罰 2愛するということ ›
こちらも閲覧されています