BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ゴリオ爺さん 名言と作品紹介

内容紹介

奢侈と虚栄、情欲とエゴイズムが錯綜するパリ社交界に暮す愛娘二人に全財産を注ぎ込んで、貧乏下宿の屋根裏部屋で窮死するゴリオ爺さん。その孤独な死を看取ったラスティニャックは、出世欲に駆られて、社交界に足を...▼

名言抜粋

人間の心は愛情の高みを登り...
自分の与えた傷の深さを知ら...
世の中って汚辱の泥沼よ、高...
何かの不幸がこちらの身にふ...
不敗はふんだんにあるが、才...
君がたちまちのうちに出世し...
誰もが美徳を信じてはいる。...
青年というのは、不正のほう...
ふたりの人間をひとつに結ぶ...
あなた方女性がみんな、望ん...

作品について

1834年から1835年にかけて連載小説としてはじめて世に出て以来、『ゴリオ爺さん』は、バルザックの作品中で最も重要なものと広く考えられている。まず、著者がそれまでに書いた他の小説の登場人物をまた登場させるという、バルザックの作品を特徴づけ『人間喜劇』を文学の中で孤高ならしめる手法、いわゆる「人物再登場法」をはじめて本格的に採用した点で特筆される。また、この小説は、登場人物およびサブテキスト(いわゆる行間の表現)を創り上げるために微に入り細に穿った表現を用いるバルザックの写実主義の典型としても有名である。

本作では、ブルボン家による王政復古の時代を舞台に、上流階級の座を確保しようともがく人々の姿が遍く描かれている。パリという都市も、登場人物たち、特に南フランスの片田舎で育った青年ラスティニャックに対して強烈な印象を与えている。バルザックは、ゴリオや他の人々を通して、家族や結婚の本質を分析し、そういった制度を悲観的に描いてみせた。

バルザック自身もこの作品を気に入っていたが、批評家からさまざまな褒貶を受けた。作家の描く複雑な登場人物や細部への注目に対して称揚する批評もあったが、堕落した行為や貪欲の描写の多さを非難したものもあった。
バルザック『ゴリオ爺さん』新潮文庫
‹ ローマ帝国衰亡史 下アンネの日記 ›
こちらも閲覧されています