BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

罪と罰 2 名言と作品紹介

内容紹介

目の前にとつぜん現れた愛する母と妹。ラスコーリニコフは再会の喜びを味わう余裕もなく、奈落の底に突きおとされる。おりしも、敏腕の予審判事ポルフィーリーのもとに出向くことになったラスコーリニコフは、そこで...▼

名言抜粋

調和のとれた人間なんてまるきり...
だって、不幸がふたつあるとした...
わたしのことを理解している、大...
人前でとぼけたり、嘘をついたり...
苦悩と苦痛っていうのは、広い認...
理性なんてものは、情熱の奴隷に...
世間にはどんなに善意にとろうと...
あの人が求めているのは、正義で...
きみにひざまずいたんじゃない、...
ドストエフスキー『罪と罰 2』光文社古典新訳文庫
‹ 罪と罰 1罪と罰 3 ›
こちらも閲覧されています