BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

恋愛指南

内容紹介

航海術や馬術のごとく恋愛にも技術がある。愛の名著か背徳の書か、詩人に名声と流刑をもたらした書は男女に濃やかな知恵を授ける。遊びの恋、戯れの愛、洒脱と雅とを離れず、知的にことをはこぶには…“黄金のローマ...▼

名言抜粋

女心は実にさまざまである。...
あっさりとからだを許してし...
女の感情というものは、いつ...
愛されたいのなら、愛される...
男の心をつかみたい女はあら...
伊達男ぶりと美貌に得々とし...
男は愛欲を隠すのが下手だが...
何がそなたらを破滅させたの...
美貌などというものははかな...
美貌の若者よ、やがて君にも...

作品について

『恋の技法』(Ars Amatoria、アルス・アマトリア、恋の手管)全3巻はエレギーア韻律の教訓詩の様式を換骨奪胎し、異性を誘惑し愛する手管をレクチャーする内容となっている。第1巻は男性に向けて女性を誘惑するハウツーを教える。第2巻も男性向けに、愛人を自分に惹き付けておく方法について教える。第3巻は女性に向けて男性を誘惑する手管を教える。
オウィディウス『恋愛指南』岩波文庫
この本に「 栞 (しおり:タグ)」をつける
例:○○のときに読みたい、愛読書にしたい など
‹ 車輪の下で読書について ›
こちらも閲覧されています