BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

愛するということ 名言と作品紹介

内容紹介

人間砂漠といわれる現代にあり、〈愛〉こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラーの一つである。

名言抜粋

愛というものは、その人の成熟の...
自分の人格全体を発達させ、それ...
満足のゆくような愛を得るには、...
誰もが愛に飢えている。楽しい、...
たいていの人は愛の問題を、愛す...
ほとんどの人が「ロマンティック...
ふいに親しくなるというこの奇跡...
人生は短い。人は自分の意志とは...
孤立しているという意識から不安...
人間のもっとも強い欲求とは、孤...

作品について

フロムの著作としては最も一般的な本であり、各国でベストセラーとなった。『自由からの逃走』、『人間における自由』の理論を補完する内容である。愛する技術は、先天的に備わっているものではなく、習得することで獲得できるとする。この考えは、愛を摩訶不思議なもので解析や説明の対象にならないという立場とは異にする。
エーリッヒ・フロム『愛するということ』紀伊國屋書店
‹ 罪と罰 3失敗の本質―日本軍の組織論的研究 ›
こちらも閲覧されています