130
罪と罰 1

Content

内容紹介

ドストエフスキーの代表作のひとつ。日本をはじめ、世界の文学に決定的な影響を与えた犯罪小説の雄。歩いて七百三十歩のアパートに住む金貸しの老女を...▽

冒頭・書き出し

七月の初め、異常に暑いさかりの夕方近く、ひとりの青年が、S横町にまた借りしている小さな部屋から通りに出ると、なにか心に決めかねているという様子で、
...▽

名言抜粋

まるで一面識もない相手ながら、...
貧乏は悪徳ならず、こいつは心理...
たとえどんな相手でも、人をきち...
ときに人間ていうのは、自分の道...
どんな人間も、正しく判断するに...
罪と罰 1
ドストエフスキー
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

罪と罰 2
ドストエフスキー
マキアヴェッリ語録
塩野七生
桜の園
チェーホフ
クリスマス・キャロル
ディケンズ
カラマーゾフの兄弟 5
ドストエフスキー
デイヴィッド・コパフィールド 5
ディケンズ
地下室の手記
ドストエフスキー
アンナ・カレーニナ 下
トルストイ
ボヴァリー夫人
フローベール
二都物語 上
ディケンズ
デイヴィッド・コパフィールド 1
ディケンズ
カラマーゾフの兄弟 4
ドストエフスキー

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング