BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

カラマーゾフの兄弟 2 名言と作品紹介

内容紹介

ゾシマの言葉にしたがって、アリョーシャは父の家に出かける。父と長男ミーチャとの確執は、激しさを増していくようだ。イリューシャとの出会い、スネギリョフ大尉の家で目にしたものなど、アリョーシャの心はさまざ...▼

名言抜粋

何のために生きるのかという...
人間にとって、良心の自由に...
人が幸福を味わいつくすには...
親の家からわたしが持ちだせ...
人々はどんな学問、どんな利...
一人でこっそり富を貯えては...
個人の顔をまことに保証する...
愛は教師であるが、愛を手に...
肝に銘じてほしいのは、人は...
もし自分が罪を犯し、そのい...
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟 2』光文社古典新訳文庫
‹ カラマーゾフの兄弟 1カラマーゾフの兄弟 3 ›
こちらも閲覧されています