227
ボヴァリー夫人

Content

内容紹介

田舎医者ボヴァリーの妻エマが、単調な日常に退屈し、生来の空想癖から虚栄と不倫に身を滅ぼす悲劇を描くリアリズム文学の傑作。

冒頭・書き出し

私たちは自習室にいた。すると、校長が制服でない普通服をきた『新入生』と大きな教室机をかついだ小使いをしたがえてはいってきた。いねむりしていた連中は
...▽

名言抜粋

未来の幸福は、あたかも熱帯の海...
たえず苦しめられている心っても...
自分がまだ若々しい美しさをもっ...
金の無心は、恋を襲う嵐のうちで...
ボヴァリー夫人
フローベール
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

こころ
夏目漱石
ペスト
カミュ
二都物語 上
ディケンズ
高慢と偏見
オースティン
罪と罰 3
ドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟 3
ドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟 5
ドストエフスキー
クリスマス・キャロル
ディケンズ
ゴリオ爺さん
バルザック
罪と罰 1
ドストエフスキー
ノルウェイの森 上
村上春樹
悲しみよ こんにちは
サガン

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング