BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ボヴァリー夫人 名言と作品紹介

内容紹介

田舎医者ボヴァリーの妻エマが、単調な日常に退屈し、生来の空想癖から虚栄と不倫に身を滅ぼす悲劇を描くリアリズム文学の傑作。

名言抜粋

未来の幸福は、あたかも熱帯の海...
たえず苦しめられている心っても...
自分がまだ若々しい美しさをもっ...
金の無心は、恋を襲う嵐のうちで...

作品について

※物語の核心に触れています

『ボヴァリー夫人』は、ギュスターヴ・フローベールの長編小説。田舎の平凡な結婚生活に倦んだ若い女主人公エマ・ボヴァリーが自由で華やかな世界に憧れ、不倫や借金地獄に追い詰められた末、人生そのものに絶望し服毒自殺する物語。19世紀フランス文学の名作と位置づけられているフローベールの代表作である。1856年10月から12月にかけて文芸誌『パリ評論』に掲載され、翌1857年1月に風紀紊乱の罪で起訴されたが2月に無罪判決を勝ち取り、同年4月にレヴィ書房より出版されるや、裁判沙汰の効果もあり飛ぶように売れて、たちまちベストセラーとなった。

フローベールはこの作品に約4年半の歳月をかけ、その執筆期間に徹底した文体の彫琢と推敲を行なった。ロマン主義的な憧れが凡庸な現実の前に敗れ去れる様を、精緻な客観描写、自由間接話法(作中人物の内面から生れる言葉をいきいきと再現させる特色を持つ)を方法的に多用した細かな心理描写、多視点的な構成によって描き出したこの革命的な作品は、フランス近代小説を代表する傑作となり、作中人物に寄り添ったその「視点」の小説技法は、その後のジェイムズ・ジョイスをはじめとする前衛的小説やヌーヴォー・ロマンの先駆けとしても位置づけられている。サマセット・モームは『世界の十大小説』の1つに挙げている。

言語の美を構築した『ボヴァリー夫人』は、写実主義を憎悪したフローベールの意に反して写実主義の傑作と評され、彼は「リアリズムの父」と呼ばれるようになった。「ボヴァリー夫人は私なのです」とフローベール自身が言ったという逸話があることでも有名で、夢と現実の相剋に悩むヒロインの性癖を表わす「ボヴァリスム」という言葉も生まれた。
フローベール『ボヴァリー夫人』新潮文庫
‹ ペストこころ ›
こちらも閲覧されています