270
痴愚神礼賛

Content

内容紹介

ルネサンス期の大知識人エラスムスが、友人トマス・モアに捧げた驚天動地の戯文。痴愚の女神なるものを創造し、人間の愚行を完膚なきまでに嘲弄する。...▽

冒頭・書き出し

人間たちが、世上この私のことをどう評しているか、この上なく愚かな連中の間でさえ、どれほど悪しざまに言われているか、私が知らないわけではありません。
...▽

名言抜粋

まじめなことをふざけた調子で論...
人生そのものにもまして、甘美な...
結婚生活がもたらすもろもろの不...
もしも人生から快楽というものを...
人間の生涯というものは、あらゆ...
痴愚神礼賛
エラスムス
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

人間不平等起源論
ルソー
仕事と日
ヘシオドス
ツァラトゥストラかく語りき
ニーチェ
菜根譚
洪自誠
自省録
マルクス・アウレリウス
知的生活
ハマトン
怒りについて
セネカ
君たちはどう生きるか
吉野源三郎
養生訓
貝原益軒
職業としての学問
マックス・ヴェーバー
人を動かす
デール・カーネギー
永遠平和のために
カント

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング