BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

夜間飛行 名言と作品紹介

内容紹介

第二次大戦末期、地中海上空を偵察飛行中についに消息を絶ったサン=テグジュペリ。不時着を繰り返しながらも飛びつづけた彼は、『星の王子さま』『人間の土地』など、飛行士たちの物語を、優れた文学作品として書き...▼

名言抜粋

どの群衆の中にも、目立たな...
あいつは何にも考えない人間...
あの連中はみんな幸福だ、な...
僕は、自分がしていることが...
愛されようとするには、同情...
人間の生命には価値はないか...
個人的な幸福よりは永続性の...
愛する、ただひたすらに愛す...
人生には解決法なんかないの...

作品について

『夜間飛行』は、1931年にフランスで出版され、同年のフェミナ賞に輝いた、フランス人のパイロット・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる小説である。

サン=テグジュペリ自身の飛行機乗りの経験を活かしたリアリズムにあふれる作品。夜間飛行という危険きわまりない事業の中で浮き彫りにされる、人間の尊厳と勇気が主題になっている。

また、通信機・エンジン・飛行士の会話など、作者自身の経験を活かしたリアルな描写は、郵便飛行開拓期の歴史的史料としての価値も高い。フランスの植民地文学としても白眉である。
サン・テグジュペリ『夜間飛行』新潮文庫
‹ 変身月と六ペンス ›
こちらも閲覧されています