BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ファウスト 第1部 名言と作品紹介

内容紹介

世界の根源を究めようとする超人的欲求をいだいて、ファウストは町へ出る。理想と現実との乖離に悩む彼の前に、悪魔メフィストーフェレスが出現、この世で面白い目をみせるかわりに、死んだら魂を貰いたい、と申出る...▼

名言抜粋

思いがあれば迷うもの、それが人...
良い人間は暗い衝動に駆られても...
しっかりした考えがあって、それ...
いったい、なんてことだ、何をす...
精神がどんなにすばらしいものを...
山のような本を読んでわかったこ...
それよりも書物です、頁をめくる...
人間は自分が理解できないと悪く...
すべて生じてくるものは、当然の...
時よ、とどまれ、おまえはじつに...

作品について

15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われる、高名な錬金術師ドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きとして、ゲーテがほぼその一生を掛けて完成させた大作である。

ファウスト博士は、錬金術や占星術を使う黒魔術師であるとの噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたと云う奇怪な伝説、風聞が囁かれていた。ゲーテは子供の頃、旅回り一座の人形劇「ファウスト博士」を観たといい、若い頃からこの伝承に並々ならぬ興味を抱いていた。そして、こうした様々なファウスト伝説に取材し、彼を主人公とする長大な戯曲を書き上げた。
ゲーテ『ファウスト 第1部』集英社文庫
‹ 語録 要録ファウスト 第2部 ›
こちらも閲覧されています