BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

生きがいについて 名言と作品紹介

内容紹介

「いったい私たちの毎日の生活を生きるかいあるように感じさせているものは何であろうか。ひとたび生きがいをうしなったら、どんなふうにしてまた新しい生きがいを見いだすのだろうか」神谷美恵子はつねに苦しむひと...▼

名言抜粋

人間の活動のなかで、真のよろこ...
肉体的快楽こそわが生きがい、と...
ほんとうに生きている、という感...
身をささげるものが何もないとい...
真の愛は他の生命を伸ばそうとす...
ひとが仕事をえらぶ場合にも、も...
「自分の存在は何かのため、また...
人間が最も生きがいを感じるのは...
どういうひとが一ばん生きがいを...
肩書や地位のゆえに大きく浮かび...

作品について

1966年の初版発行時から現在に至る迄、読み継がれている書籍である。「生き甲斐」とは何か、と問う書籍であり、神谷によれば、

「いかにも日本語らしいあいまいさと、それゆえの余韻とふくらみがある」

という。
神谷美恵子『生きがいについて』みすず書房
‹ 幸福論恋愛論 ›
こちらも閲覧されています