452
怒りについて

Content

内容紹介

ネロー帝に仕える宮廷の生と自決の死―帝国の繁栄と矛盾の中で運命の変転を体現したローマの哲学者セネカ(前4頃‐後65)。絶対権力を念頭に、怒り...▽

名言抜粋

剣闘士は、劣った相手との組み合...
私は断ずる。君は不幸だ。不幸だ...
勇気は危険に貪欲である。どんな...
贅沢を逃れよ。力を抜き取る幸福...
何にせよ度を過ぎれば害になるが...
怒りについて
セネカ
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

留魂録
吉田松陰
ファウスト 第2部
ゲーテ
人を動かす
デール・カーネギー
自分の中に毒を持て
岡本太郎
友情について
キケロ
パンセ
パスカル
戦史
トゥキュディデス
読書について
ショーペンハウアー
「いき」の構造
九鬼周造
痴愚神礼賛
エラスムス
ツァラトゥストラかく語りき
ニーチェ
饗宴
プラトン

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング