BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

怒りについて 名言と作品紹介

内容紹介

ネロー帝に仕える宮廷の生と自決の死―帝国の繁栄と矛盾の中で運命の変転を体現したローマの哲学者セネカ(前4頃‐後65)。絶対権力を念頭に、怒りという破壊的な情念の分析と治療法を逆説的修辞で論じる『怒りに...▼

名言抜粋

剣闘士は、劣った相手との組み合...
私は断ずる。君は不幸だ。不幸だ...
勇気は危険に貪欲である。どんな...
贅沢を逃れよ。力を抜き取る幸福...
何にせよ度を過ぎれば害になるが...
運命がわれらに鞭をふるい、ずた...
傷つけられえないものとは、打た...
一人の前で言われると笑うことを...
侮辱を受けるのが耐えられない者...
たとえわれわれが人のよさから復...
セネカ『怒りについて』岩波文庫
‹ ファウスト 第2部留魂録 ›
こちらも閲覧されています