BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書
BookIndex
幸福論
ラッセル
内容紹介
自分の関心を内へ内へとむけるのではなく、外界へとふりむけてあらゆることに好奇心をいだくこと。偉大なるコモンセンスの人ラッセルは、これこそが幸福獲得の条件であり、それは自己説得によって可能なのだと説く。...▼
名言抜粋
二人の人間がお互いに対して...
恋愛は歓喜の源であるばかり...
女性は男性をその性格のゆえ...
罪の意識こそ、おとなの生活...
結婚は、必ずしも至福の源で...
最上のタイプの愛情は、相互...
大きな富のおかげで、人間が...
あなたが自分自身に寄せてい...
あらゆる用心深さの形のうち...
おのれの不幸を大まじめにお...
作品について
己の関心を外部に向け、活動的に生きることを勧める。

今日「三大幸福論」と言えば、ヒルティの『幸福論』(1891年)、アランの『幸福論』(1925年)、ラッセルの『幸福論』(1930年)による3つの幸福論を指す。
ラッセル岩波文庫処世#幸福#愛#処世
ラッセル『幸福論』岩波文庫
‹ 大衆の反逆生きがいについて ›
こちらも閲覧されています
名著一覧著者一覧名著史苦悩別索引おまかせ表示
© 2019 BookIndex
© 2019 BookIndex