BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

菜根譚 名言と作品紹介

内容紹介

日本人が心に刻むべき、「処世の道」がここにある。悠々自適の心境と、現実を生き抜く術を語る人生書の古典を、心に響く言葉で翻訳、解説。著者のライフワーク、ここに結実。

名言抜粋

華美権勢に近づかないのは清廉な...
粗衣粗食に甘んじている者には、...
利益は、人より先に飛びつくな。...
いつも事後の悔恨に思いを致して...
この人生においては、無理に功名...
仕事に苦心するのは美徳である。...
事業が行き詰まって進退きわまっ...
人情は移ろいやすく、世渡りの道...
まず、自分の心に打ち勝とう。そ...
労せずして欲望がかなえられるか...

作品について

菜根譚は、中国の古典の一。前集222条、後集135条からなる中国明代末期のものであり、主として前集は人の交わりを説き、後集では自然と閑居の楽しみを説いた書物である。別名「処世修養篇」(孫鏘(そん しょう)の説)。洪自誠(洪応明、還初道人)による随筆集。

その内容は、通俗的な処世訓を、三教一致の立場から説く思想書である。中国ではあまり重んじられず、かえって日本の加賀藩儒者、林蓀坡(はやし そんぱ、1781年-1836年)によって文化5年(1822年)に刊行(2巻、訓点本)され、禅僧の間などで盛んに愛読され、仏典に準ずる扱いも受けてきた。また実業家や政治家などにも愛読されてきた。尊経閣文庫に明本が所蔵されている。
洪自誠『菜根譚』PHP研究所
‹ 牧歌・農耕詩随筆集 ›
こちらも閲覧されています