BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

自分の中に毒を持て 名言と作品紹介

内容紹介

あたりまえの人間なんて屁の役にも立ちゃしない。いつも興奮と喜びに満ちた自分になる。

名言抜粋

あれかこれかという場合に、なぜ...
今日の社会では、進歩だとか福祉...
自分が何か充ち足りていない。欠...
恋のはじまりは瞬間でも、つき合...
女性の側に立っていえば、”本当...
恋愛というのは、相思相愛でない...
美人というのは本質的には女性の...
人間文化の歴史というものは確か...
職業があることは悪いことじゃな...

人物

岡本 太郎(1911-1996)は、日本の芸術家。血液型はO型。 1930年から1940年までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した。
岡本太郎『自分の中に毒を持て』青春出版社
‹ ライ麦畑でつかまえてマキアヴェッリ語録 ›
こちらも閲覧されています