696
自省録

Content

内容紹介

著者はローマ皇帝で哲人。蛮族の侵入や叛乱の平定のために東奔西走したが、僅かにえた孤独の時間に自らを省み、日々の行動を点検し、ストアの教えによ...▽

名言抜粋

他人の魂の中に何が起こっている...
色欲によって犯された過失の方が...
変化はつねにそれが正しいことで...
あたかも一万年も生きるかのよう...
君がこの世から去ったら送ろうと...
自省録
マルクス・アウレリウス
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

夏の夜の夢・あらし
シェイクスピア
自助論
サミュエル・スマイルズ
幸福について
ショーペンハウアー
方法序説
デカルト
恋愛論
スタンダール
怒りについて
セネカ
論語
孔子
幸福論
アラン
国家 下
プラトン
歴史 上
ヘロドトス
歴史 中
ヘロドトス
痴愚神礼賛
エラスムス

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング