BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

風の谷のナウシカ 名言と作品紹介

内容紹介

「火の7日間」とよばれる戦争によって、巨大文明が崩壊してから千年。荒れた大地に腐海という死の森が広がっていた。主人公・ナウシカのいる風の谷が、恐ろしい巨神兵を使い腐海を焼き払おうとするクシャナたちに侵...▼

名言抜粋

上に立つ者が さわぎたてて...
姫さまは やさしすぎるんじ...
ひるむな 困苦に耐えよ 屈...
いま立ち止ったら 悲しみに...
わたし 生きるの好きよ。光...
欲望に翻弄されるのも 憎悪...
心をおいて 身体だけおきる...
憎悪と復讐は 何も生み出さ...
立派な人になるには それだ...
世界を敵と味方だけに分けた...

作品について

『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿による日本の漫画作品。アニメーション監督・演出家でもある宮崎が、徳間書店のアニメ情報誌『アニメージュ』誌上にて発表したSF・ファンタジー作品。戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を年代記の形で描く。1984年には宮崎自身の監督による劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』が公開された。
宮崎駿『風の谷のナウシカ』徳間書店
‹ 戦史モリー先生との火曜日 ›
こちらも閲覧されています