BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

すばらしい新世界

内容紹介

すべてを破壊した“九年戦争”の終結後、暴力を排除し、共生・個性・安定をスローガンとする清潔で文明的な世界が形成された。人間は受精卵の段階から選別され、5つの階級に分けられて徹底的に管理・区別されていた...▼

名言抜粋

わけもわからず丸暗記しても...
社会という車輪を安定的にま...
よかれと思ってすることが、...
ちょっとでも気に食わないこ...
産業文明は禁欲のないところ...
科学における発見は、どんな...
僕は自分自身でいたい。だめ...
でも僕は、いつも美しい景色...
神は、機械や医学や万人の幸...
不快なものは、それに耐える...

作品について

『すばらしい新世界』は、オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説である。機械文明の発達による繁栄を享受する人間が、自らの尊厳を見失うその恐るべきディストピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルに描いた文明論的SF小説であり、描写の極端さが(多くのSF小説にあるように)きわめて諧謔的であるため、悲観的なトーンにもかかわらず、皮肉めいたおかしみが漂っている。ジョージ・オーウェルの『1984年』とともにアンチ・ユートピア小説の傑作として挙げられることが多い。
ハクスリー『すばらしい新世界』ハヤカワ文庫
この本に自由に「 栞 (しおり:タグ)」をつけることができます。
例:○○のときに読みたい、愛読書にしたい など
‹ 幸福についてユートピア ›
こちらも閲覧されています