BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

アルジャーノンに花束を 名言と作品紹介

内容紹介

32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査...▼

名言抜粋

他人に対する振舞い方を人は...
以前のあなたには何かがあっ...
きみはいまとびきりの頭脳を...
人生と仕事は人間が所有しう...
科学にはほんとうに独創とい...
知能だけではなんの意味もな...
知能は人間に与えられた最高...
愛情を与えたり受け入れたり...
ぼく、いつだって正しいこと...
怖い。生が、死が、無が怖い...

作品について

『アルジャーノンに花束を』は、アメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによるSF小説。1959年に中編小説として発表され、翌年ヒューゴー賞を受賞。1966年に長編小説として改作され、ネビュラ賞を受賞した。

それまでのSF小説が宇宙や未来などを舞台とした作品であったことに比べ、本作は知能指数を高める手術とそれに付随する事柄という限定した範囲での前提でSFとして成立させている。ジュディス・メリルは、本作をSFの多様性をあらわす作品のひとつとして位置づけている。また、最後の一文が主眼であり、ここに収束される感動に泣かされる作品でもある。
ダニエル・キイス『アルジャーノンに花束を』ハヤカワ文庫
‹ 古事記はてしない物語 ›
こちらも閲覧されています