BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

モリー先生との火曜日 名言と作品紹介

内容紹介

スポーツコラムニストとして活躍するミッチ・アルボムは、偶然テレビで大学時代の恩師の姿を見かける。モリー先生は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。16年ぶりの再会。モリーは幸せそうだった。...▼

目次

カリキュラム−恩師の生涯最後の授業は、週に一回先生の自宅で行われた
講義概要−モリーは死を人生最後のプロジェクトに据えた。私に学べ。
学生−夢破れてからぼくは、仕事に夢中になった。
...▼

名言抜粋

多くの人が無意味な人生を抱えて...
人生でいちばん大事なことは、愛...
愛を受け入れる。自分は愛される...
目に見えるものが信じられなくて...
今のような文化状況じゃ、死ぬ間...
いずれ死ぬことを認めて、いつ死...
いいかい、これはぜひ知っていて...
この人たちは愛に飢えているから...
かねや権力をいくら持っていても...
君たちの世代はかわいそうだな。...

作品について

『モリー先生との火曜日』はアメリカのジャーナリストのミッチ・アルボムによって書かれたノンフィクションである。難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されたモリー・シュワルツ教授が、死を前にして、かつての教え子であるミッチに贈った「最後の授業」を記録したもので、1997年にアメリカで出版されベスト・セラーとなった。2000年、ニューヨーク・タイムズによるノンフィクション・ベストセラーの一つに選ばれた。
ミッチ・アルボム『モリー先生との火曜日』NHK出版
‹ 風の谷のナウシカ詩のこころを読む ›
こちらも閲覧されています