170
嵐が丘

Content

内容紹介

寒風吹きすさぶヨークシャーにそびえる〈嵐が丘〉の屋敷。その主人に拾われたヒースクリフは、屋敷の娘キャサリンに焦がれながら、若主人の虐待を耐え...▽

冒頭・書き出し

一八〇一年ーーいましがた、大家に挨拶をして戻ったところだ。今後めんどうな近所づきあいがあるとすれば、このお方ぐらいだろう。さても、うるわしの郷では
...▽

名言抜粋

風見鶏が気まぐれというなら、な...
悪い人たちを罰するのは、神様の...
嬢様は、エドガー様がハンサムで...
ところが、その幸せも終わりを告...
本分をまっとうする人間は終には...
嵐が丘
エミリー・ブロンテ
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

ペスト
カミュ
高慢と偏見
オースティン
イリアス 下
ホメロス
オイディプス王・アンティゴネ
ソフォクレス
カラマーゾフの兄弟 2
ドストエフスキー
一九八四年
オーウェル
マクベス
シェイクスピア
月と六ペンス
モーム
グレート・ギャツビー
スコット・フィッツジェラルド
ユートピア
トマス・モア
百年の孤独
ガルシア・マルケス
デイヴィッド・コパフィールド 4
ディケンズ

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング