BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

君たちはどう生きるか 名言と作品紹介

内容紹介

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセー...▼

名言抜粋

世間には、他人の眼に立派に...
偉大な発見がしたかったら、...
僕たちも、人間であるからに...
自分が消費するものよりも、...
英雄とか偉人とかいわれてい...
世間には、悪い人ではないが...
誤りは真理に対して、ちょう...

作品について

『君たちはどう生きるか』は、児童文学者であり雑誌「世界」の編集長も務めた吉野源三郎の小説。山本有三が編纂した「日本少国民文庫」シリーズの最終刊として1937年に新潮社から出版され、戦後になって語彙を平易にするなどの変更が加えられてポプラ社や岩波書店から出版された。児童文学の形をとった教養教育の古典としても知られる。
吉野源三郎『君たちはどう生きるか』岩波文庫
‹ 方法序説14歳からの哲学 ›
こちらも閲覧されています