BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

職業としての学問 名言と作品紹介

内容紹介

第1次大戦後の混迷のドイツ。青年たちは事実のかわりに世界観を、認識のかわりに体験を、教師のかわりに指導者を欲した。学問と政策の峻別を説くこの名高い講演で、ウェーバー(1864‐1920)はこうした風潮...▼

名言抜粋

学問に生きるものは、ひとり...
自己を滅して専心すべき仕事...
学問に生きるものは、後代の...
気をつけろ、悪魔は年取って...
現代の知識階級の人々の多く...
われわれは、いたずらに待ち...

作品について

職業としての学問は、1917年にドイツの社会学者・経済学者であるマックス・ヴェーバーが、自ら大学生に向かって行った講演の内容を著した本である。 この講演は1917年11月7日に行われた。

当日の速記が行われ、それにウェーバー自身が手を入れたものが出版された。ここで語られている内容の多くが、時代を超えて現代の学問状況にもそのままあてはまり、そこから得られるものが多いため、読まれつづけている。

背景

この講演が行われた当時のドイツは、第一次世界大戦の末期であり、戦況は悪化する一方であった。そのような状況下で、学生たちは、「もともと神や哲学が担っていたような役割」や「あらゆる意味への問いに答えうる価値観を授けてくれるような超然的存在」を欲しており、学問の中に全能的存在を、教師の中に指導者の姿を求めるような期待感が生まれつつあった。
マックス・ヴェーバー『職業としての学問』岩波文庫
‹ あしながおじさん十五少年漂流記 ›
こちらも閲覧されています