BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

方法序説 名言と作品紹介

内容紹介

すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596-1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して達した、思想の独立宣言である。本書で示され...▼

名言抜粋

良識はこの世でもっとも公平に分...
良い精神を持っているだけでは十...
すべて良書を読むことは、著者で...
過去の世紀になされたことに興味...
われわれにはきわめて突飛でこっ...
書物の学問、少なくともその論拠...
人間が認識しうるすべてのことが...
われわれの道徳が退廃してくると...
われわれの意志は、知性がものの...
わたしは考える、ゆえにわたしは...

作品について

デカルトは、少しでも疑問を差し挟む余地あるものは疑い、感覚・論証・精神に入りこんでいた全てを真実でないと仮定しても、一切を虚偽と考えようとする「私」はどうしても何者かでなければならないことに気づく。フランス語で書かれた『方法序説』の「Je pense, donc je suis」私は考えるので私はあるを、デカルトと親交のあったメルセンヌがラテン語訳し「Cogito ergo sum」「我思う、ゆえに我あり」コギト・エルゴ・スムとした。この命題は、我々が明瞭かつ判然と了解するものはすべて真実であることを一般規則として導く。その規則からデカルトは、さらに神の存在と本性・霊魂について演繹している。

学問あるいは自分の思想の改革のための4つの準則として、
1.私が明証的に真理であると認めるものでなければ、いかなる事柄でもこれを真なりとして認めないこと
2.検討しようとする難問をよりよく理解するために、多数の小部分に分割すること
3.もっとも単純なものからもっとも複雑なものの認識へと至り、先後のない事物の間に秩序を仮定すること
4.最後に完全な列挙と、広範な再検討をすること

理性が不決断である間でも自分の行為を律し幸福な生活を送るためにデカルトが設けた3つの道徳律として、
1.自分の国の法律と習慣に従うこと。
2.一度決心したことは断固かつ毅然として行うこと。
3.つねに運命よりも自分に克つことにつとめ、世界の秩序よりも自分の欲望を変えるように努力すること。
が挙げられている。
デカルト『方法序説』岩波文庫
‹ ドン・キホーテ君たちはどう生きるか ›
こちらも閲覧されています