265
神曲 地獄篇

Content

内容紹介

三昼夜を過ごした煉獄の山をあとにして、ダンテはペアトリーチェとともに天上へと上昇をはじめる。光明を放つ魂たちに歓迎されながら至高天に向けて天...▽

冒頭・書き出し

人生の道の半ばで 正道を踏みはずした私が 目をさました時は暗い森の中にいた。
その苛烈で荒涼とした峻厳な森が いかなるものであったか、口にす
...▽

名言抜粋

望みの品を手に入れた者が時が経...
どうもおまえの心は怯懦におびえ...
愛された以上愛し返すのが愛の定...
不幸の日にあって幸福の時を思い...
人間の知識では運命にはかなわぬ...
神曲 地獄篇
ダンテ
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング