BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

地下室の手記 名言と作品紹介

内容紹介

極端な自意識過剰から一般社会との関係を絶ち、地下の小世界に閉じこもった小官吏の独白を通して、理性による社会改造の可能性を否定し、人間の本性は非合理的なものであることを主張する。人間の行動と無為を規定す...▼

名言抜粋

善悪は別として、ときには何かを...
手おくれにならないうちに、思い...
愛情があれば、幸福なしでも生き...
娘が自分で惚れた男というのは、...
人間というものは、不幸のほうだ...
夫婦の間のことっていうのはさ、...
女性にとっては、愛のうちにこそ...
ところで、ひとつ現実に返って、...

作品について

極端な自意識過剰から一般社会との関係を絶ち、地下の小世界に閉じこもった小官吏の独白を通して、理性による社会改造の可能性を否定し、人間の本性は非合理的なものであることを主張する。しかし、19世紀半ばの当時、ダーウィニズムの流布を背景に社会を席巻しつつあったアングロサクソン流の功利主義的に対する主人公の論駁は、あくまでも論理的であり、原作を一読した編集者は、ドストエフスキーに対して「もっとこういうものを書いてくれ」と要請した。

人間の行動と無為を規定する黒い実存の流れを見つめた本書は、初期の人道主義的作品から後期の大作群への転換点をなし、ジッドによって「ドストエフスキーの全作品を解く鍵」と評された。
ドストエフスキー『地下室の手記』新潮文庫
‹ 14歳からの哲学存在の耐えられない軽さ ›
こちらも閲覧されています