469
地下室の手記

Content

内容紹介

極端な自意識過剰から一般社会との関係を絶ち、地下の小世界に閉じこもった小官吏の独白を通して、理性による社会改造の可能性を否定し、人間の本性は...▽

冒頭・書き出し

ぼくは病んだ人間だ…ぼくは意地の悪い人間だ。およそ人好きのしない人間だ。ぼくの考えでは、これは肝臓が悪いのだと思う。もっとも、病気のことなど、ぼく
...▽

名言抜粋

善悪は別として、ときには何かを...
手おくれにならないうちに、思い...
愛情があれば、幸福なしでも生き...
娘が自分で惚れた男というのは、...
人間というものは、不幸のほうだ...
地下室の手記
ドストエフスキー
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

存在の耐えられない軽さ
ミラン・クンデラ
14歳からの哲学
池田晶子
大いなる遺産 上
ディケンズ
赤と黒 下
スタンダール
オリバー・ツイスト 上
ディケンズ
罪と罰 2
ドストエフスキー
赤と黒 上
スタンダール
カラマーゾフの兄弟 2
ドストエフスキー
アンナ・カレーニナ 中
トルストイ
ボヴァリー夫人
フローベール
カラマーゾフの兄弟 1
ドストエフスキー
クリスマス・キャロル
ディケンズ

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング