BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

クリスマス・キャロル 名言と作品紹介

内容紹介

並はずれた守銭奴で知られるスクルージは、クリスマス・イヴにかつての盟友で亡きマーリーの亡霊と対面する。マーリーの予言通りに3人の精霊に導かれて、自らの辛い過去と対面し、クリスマスを祝う、貧しく心清らか...▼

名言抜粋

世の中には、幸せを感じること、...
人間、自分のことをきちんとして...
商売は誰に恥じることもない、正...
あなたの夢や希望は、人からとや...
二人の心が一つだった時に幸せを...
世の中には豪放磊落を身上として...
世の中よくしたもので、病気や悲...
破滅を説く輩を扱きおろせ。度量...
人を笑うのは理解の不足であって...

作品について

『クリスマス・キャロル』は、英国の文豪ディケンズの中編小説。1843年12月19日に出版。「クリスマス・ブックス」の第1作。

守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに超自然的な体験をし、それがもとで改心する。クリスマス・ストーリーの中では最も有名なもので、広範囲な読者を獲得し、ディケンズを世界的に有名な作家としたことでも記念碑的な中編である。
ディケンズ『クリスマス・キャロル』光文社古典新訳文庫
‹ 若きウェルテルの悩み君主論 ›
こちらも閲覧されています