270
若きウェルテルの悩み

Content

内容紹介

ゲーテ自身の絶望的な恋の体験を作品化した書簡体小説で、ウェルテルの名が、恋する純情多感な青年の代名詞となっている古典的名作である。許婚者のい...▽

冒頭・書き出し

ひと思いに出かけてしまって、ほんとによかったと思っている。人間の心なんて、変なものだね、君。ぼくがこれほどにも愛していて離れがたく思っていた君とわ
...▽

名言抜粋

もし人間が――しかし人間という...
奸計や悪意なんかよりも、誤解や...
どんなに尻の落ち着かぬ放浪者だ...
人間が互いに苦しめ合うくらい、...
不機嫌というやつは怠惰とまった...
若きウェルテルの悩み
ゲーテ
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

クリスマス・キャロル
ディケンズ
自由論
ミル
異邦人
カミュ
失われた時を求めて
プルースト
すばらしい新世界
ハクスリー
カラマーゾフの兄弟 2
ドストエフスキー
カンタベリー物語 上
チョーサー
日の名残り
カズオ・イシグロ
カラマーゾフの兄弟 1
ドストエフスキー
審判
カフカ
ヴェニスの商人
シェイクスピア
デイヴィッド・コパフィールド 5
ディケンズ

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング