BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

魔の山 下 名言と作品紹介

内容紹介

カストルプ青年は、日常世界から隔離され病気と死に支配された”魔の山”の療養所で、精神と本能的生命、秩序と混沌、合理と非合理などの対立する諸相を経験し、やがて”愛と善意”のヒューマニズムを予感しながら第...▼

名言抜粋

時間は活動し、動詞の性質を持っ...
戦争を十分に嫌悪しないとき、戦...
どんなに立派なことをいろいろ話...
ひとがどんな意見を持っているか...
人間の尊厳と美を意図するものだ...
度をすごして死について考えると...
理性ではなく、愛のみが死よりも...
言葉はどんなに嫌な言葉であって...
実際私たちが死ぬということは、...
利己的な献身もあれば、献身的な...
トーマス・マン『魔の山 下』新潮文庫
‹ 魔の山 上二都物語 上 ›
こちらも閲覧されています