BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

動物農場

内容紹介

飲んだくれの農場主ジョーンズを追い出した動物たちは、すべての動物は平等という理想を実現した「動物農場」を設立した。守るべき戒律を定め、動物主義の実践に励んだ。農場は共和国となり、知力に優れたブタが大統...▼

名言抜粋

どんな動物も自由ではない。...
彼女自身が何か将来の光景を...
我々のこの生活の邪悪すべて...
耐えねばならない苦労があっ...
いかなる動物も仲間たちに対...
すべての動物は平等である。...

作品について

『動物農場』は、1945年8月17日に刊行されたジョージ・オーウェルの小説。動物たちが飲んだくれの農場主を追い出して理想的な共和国を築こうとするが、指導者の豚が独裁者と化し、恐怖政治へ変貌していく過程を描く。スペイン内戦に自ら参加した体験を持つオーウェルが、人間を豚や馬などの動物に見立てることで20世紀前半に台頭した全体主義やスターリン主義への痛烈な批判を寓話的に描いた物語である。

あらすじ

※物語の核心に触れています

人間の農場主が動物たちの利益を搾取していることに気づいた「荘園牧場」の動物たちが、偶発的に起こった革命で人間を追い出し、「豚」の指導の下で「動物主義」に基づく「動物農場」をつくりあげる。動物たちの仲間社会で安定を得た彼らであったが、不和や争いが絶えず、最後は理解できない混乱と恐怖に陥っていく。結果的に支配者が入れ替わっただけで、人間が支配していた時以上に抑圧的で過酷な農場となる。
オーウェル『動物農場』ハヤカワ文庫
この本に「 栞 (しおり:タグ)」をつける
例:○○のときに読みたい、愛読書にしたい など
‹ 大いなる遺産 下デイヴィッド・コパフィールド 1 ›
こちらも閲覧されています