BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

存在の耐えられない軽さ 名言と作品紹介

内容紹介

苦悩する恋人たち。不思議な三角関係。男は、ひとりの男に特別な感情を抱いた。鮮烈でエロチック…。プラハの悲劇的政治状況下での男と女のかぎりない愛と転落を、美しく描きだす哲学的恋愛小説。

名言抜粋

人間というものは、ただ一度の人...
本は満足がえられない生活からの...
けっして彼女を傷つけてはならな...
人間は小説や絵画では十分に陶酔...
愛はメタファーから始まる。別な...
歴史も個人の人生と同じように軽...
愛の営みは二人に快感をもたらし...

作品について

『存在の耐えられない軽さ』は、チェコ出身でフランスに亡命した作家ミラン・クンデラが1984年に発表した小説。

冷戦下のチェコスロヴァキアを舞台に、1968年に起こったプラハの春を題材にした恋愛小説である。フランスで発表され、世界的なベストセラーとなった。フィリップ・カウフマン監督によって1987年に映画化された。
ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』集英社文庫
‹ 地下室の手記ガリバー旅行記 ›
こちらも閲覧されています