BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ノルウェイの森 上 名言と作品紹介

内容紹介

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い...▼

名言抜粋

みんな自分を表現しようとして、...
死は生の対極としてではなく、そ...
死は生の対極存在なんかではない...
彼は僕なんかはるかに及ばないく...
ねえ、どうして男の人って髪の長...
孤独が好きな人間なんていないさ...
ある種の人々にとって愛というの...
物事が手に負えないくらい入りく...

作品について

村上は本書についてこう述べている。「この話は基本的にカジュアルティーズ(うまい訳語を持たない。戦闘員の減損とでも言うのか)についての話なのだ。それは僕のまわりで死んでいった、あるいは失われていったすくなからざるカジュアルティーズについての話であり、あるいは僕自身の中で死んで失われていったすくなからざるカジュアルティーズについての話である」
村上春樹『ノルウェイの森 上』講談社文庫
‹ 悲しみよ こんにちはノルウェイの森 下 ›
こちらも閲覧されています