BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書
BookIndex
怒りの葡萄 上
スタインベック
内容紹介
米国オクラホマ州を激しい砂嵐が襲い、先祖が血と汗で開拓した農地は耕作不可能となった。大銀行に土地を奪われた農民たちは、トラックに家財を積み、故郷を捨てて、“乳と蜜が流れる”新天地カリフォルニアを目指し...▼
名言抜粋
おれたちはみんないい人間だ...
彼女たちは知っているのだ。...
人間ってものは、一つの考え...
誰にでも必要なんですよ――...
人間は、いたましく、ときに...
それが本当の生き方だろうて...
人間ってものは、一つ場所に...
ここにいるこの老いたる人は...
作品について
『怒りの葡萄』は、アメリカ合衆国の作家ジョン・スタインベックによる小説である。初版は1939年。この小説により、スタインベックは1940年にピューリッツァー賞を受賞した。後のノーベル文学賞受賞(1962年)も、主に本作を受賞理由としている。

世界恐慌と重なる1930年代、大規模資本主義農業の進展や、オクラホマ州はじめアメリカ中西部で深刻化したダストボウル(開墾によって発生した砂嵐)により、所有地が耕作不可能となって流民となる農民が続出し、社会問題となっていた。本作は当時の社会状況を背景に、故郷オクラホマを追われた一族の逆境と、不屈の人間像を描く。

本作は、奇数章に作者のスタインベックの評論、偶数章にジョード一家の物語を整然と配置した構成を取っている。このような構成を取ることによって、本作は単純な「ジョード一家の物語」という枠を超えて、当時の大恐慌下のアメリカ社会に対する直接的な告発ともなっている。
反響
本作品は出版当時、アメリカ全土に絶大な影響を及ぼし、全米で本作をめぐる論争が起こった。『風と共に去りぬ』の次に売れたといわれ、保守層からは目の敵にされ、反論パンフレット「喜びの葡萄」なる珍作まで出版されたと言われている。
スタインベック新潮文庫小説文学#人間#愛#生死
スタインベック『怒りの葡萄 上』新潮文庫
‹ ロビンソン・クルーソー怒りの葡萄 下 ›
こちらも閲覧されています
名著一覧著者一覧名著史苦悩別索引おまかせ表示
© 2019 BookIndex
© 2019 BookIndex