116
古事記

Content

内容紹介

世界の創成と神々の誕生から国の形ができあがるまでを描く最初の日本文学。神話と歌謡と系図からなる錯綜のテクストを今の我々が読める形に。

冒頭・書き出し

天と地が初めて開けた時、高天の原に生まれたのは、天之御中主神と高御産巣日神、そして神産巣日神、の三名の神たちであった。;彼らはみな対の相手を持たな
...▽

名言抜粋

おまえの心が清いことはどうすれ...
その美貌が雷のように遠く鳴り響...
国のどこにも煙が立っていない。...
一度共寝をした後で相手が離れて...
古事記
太安万侶
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

アルジャーノンに花束を
ダニエル・キイス
ガリア戦記
カエサル
蟹工船 一九二八・三・一五
小林多喜二
竹取物語
不詳
こころ
夏目漱石
和泉式部日記
和泉式部
蜻蛉日記
藤原道綱母
福翁自伝
福澤諭吉
走れメロス
太宰治
茶の本
岡倉天心
銀河鉄道の夜
宮沢賢治
万葉集
大伴家持

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング