BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

日の名残り 名言と作品紹介

内容紹介

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間...▼

冒頭・書き出し

ここ数日来、頭から離れなかった旅行の件が、どうやら、しだいに現実のものとなっていくようです。ファラディ様のあの立派なフォードをお借りして、私が一人旅をするーーもし実現すれば、私はイギリスで最もすばらし
...▼

名言抜粋

どこの誰に生まれついたって、金...
今日の世界は、高貴な本能を大切...
結局、時計をあともどりさせるこ...
いいかい、いつも後ろを振り向い...
人生、楽しまなくっちゃ。夕方が...

作品について

『日の名残り』は、1989年刊行のカズオ・イシグロの小説。同年のブッカー賞を受賞した。この作品は一人称視点によるバイアスを巧妙に利用した例としてしばしば取り上げられる。語り手の執事スティーブンスの元主人は第二次世界大戦前における対独宥和主義者であるが、スティーブンスはその点を意図的にぼかしている。また女中頭のミス・ケントンとの淡いロマンスについても回想の中で理想化されている。

1993年にジェームズ・アイヴォリー監督で映画化された。
カズオ・イシグロ『日の名残り』ハヤカワ文庫
‹ 大地高慢と偏見 ›
こちらも閲覧されています