BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

書簡詩 名言と作品紹介

内容紹介

古代ローマの詩人クイントゥス・ホラーティウス・フラックスは、ウェルギリウスと並んでラテン文学の黄金期をもたらした。その代表作である本書はペトラルカやヴォルテールに至る韻文の書簡創作という伝統を創出し、...▼

名言抜粋

美徳の第一歩は悪徳からの脱却、...
銀の価値は黄金に劣りますが、そ...
日暮れ前に本と明かりをもってこ...
着手できれば半ばは成就です。
十分なものを手に入れたら、それ...
快楽を蔑みなさい。痛みを代償と...
強欲な人はいつも不満です。限度...
私はのろい人は待ちませんし、前...
賢人も狂人と呼ばれ、正義漢も悪...
時が経てば、何であれ地下のもの...

作品について

書簡詩『詩について』はアリストテレスの『詩学』と並んで、古典主義詩論で重要視された。このなかの一節「詩は絵のように」は、のちに絵画にも拡大され、近世詩論および絵画論に影響を与えた。
ホラティウス『書簡詩』講談社学術文庫
‹ シェイクスピア名言集牧歌・農耕詩 ›
こちらも閲覧されています