338
二十歳の原点

Content

内容紹介

独りであること、未熟であることを認識の基点に、青春を駆けぬけた一女子大生の愛と死のノート。自ら命を絶った悲痛な魂の証言。

冒頭・書き出し

一九六九年一月二日
三十一日午後、西那須野を出発し三時間余りで飯坂温泉に着く。家族五人で正月を温泉とスキーで過そうという訳である。

名言抜粋

私は慣らされる人間ではなく、創...
人間は完全なる存在ではないのだ...
人間は誰でも、独りで生きなけれ...
あまりに理性とか合理性を中心に...
「独りであること」、「未熟であ...
二十歳の原点
高野悦子
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

語録 要録
エピクテトス
随筆集
ベーコン
ムーミン谷の名言集
トーベ・ヤンソン
孤独な散歩者の夢想
ルソー
悪魔の辞典
ビアス
枕草子
清少納言
更級日記
菅原孝標女
和泉式部日記
和泉式部
14歳の君へ
池田晶子
ルネサンス書簡集
ペトラルカ
アンネの日記
アンネ・フランク
森の生活 上
ソロー

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング