BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書
BookIndex
百年の孤独
ガルシア・マルケス
内容紹介
蜃気楼の村マコンド。その草創、隆盛、衰退、ついには廃墟と化すまでのめくるめく百年を通じて、村の開拓者一族ブエンディア家の、一人からまた一人へと受け継がれる運命にあった底なしの孤独は、絶望と野望、苦悶と...▼
名言抜粋
この世も終わりだよ。人間が...
ある形の愛情は別の形の愛情...
戦争がどういうものかを説明...
どの土地に住もうと、過去は...
文学は人をからかうために作...
作品について
ガルシア=マルケスの代表作品で、世界各国でベストセラーになり、ラテンアメリカ文学ブームを巻き起こした。本作を主に、ガルシア=マルケスは1982年にノーベル文学賞を受賞した。2002年、ノルウェイ・ブッククラブによって「世界傑作文学100」に選ばれている。
あらすじ
※物語の核心に触れています

ホセ・アルカディオ・ブエンディアとウルスラ・イグアランを始祖とするブエンディア一族が蜃気楼の村マコンドを創設し、隆盛を迎えながらも、やがて滅亡するまでの100年間を舞台としている。幻想的な出来事、個性的な人物が登場する。生と死、希望と絶望などを織り交ぜながら、ブエンディア家の孤独の運命について描いている。池澤夏樹は、要約が無意味になるほどの無数の挿話からなり、そしてそれらが全体でフラクタルを成している、と評している。
ガルシア・マルケス新潮社文学#人生#性欲#愛
ガルシア・マルケス『百年の孤独』新潮社
‹ 国家 下ゲーテとの対話 上 ›
こちらも閲覧されています
名著一覧著者一覧名著史苦悩別索引おまかせ表示
© 2019 BookIndex
© 2019 BookIndex