BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

グレート・ギャツビー 名言と作品紹介

内容紹介

村上春樹が人生で巡り会った、最も大切な小説を、あなたに。新しい翻訳で二十一世紀に鮮やかに甦る、哀しくも美しい、ひと夏の物語―。読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきたフィッツジェラル...▼

名言抜粋

「誰かのことを批判したくなった...
人間の基本的な良識や品位は、生...
人の営為は堅固な岩塊の上に築か...
人は誰しも自分のことを、何かひ...
何よりもまず確かなことがある<...
友情とは相手が生きているあいだ...
不注意な運転をする人が安全なの...
「僕は三十歳になった」と僕は言...

作品について

『グレート・ギャツビー』は、アメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドが執筆し1925年4月10日に出版された小説。フィッツジェラルドの代表作であると同時に、現在ではアメリカ文学を代表する作品の一つであると評価されており、Modern Libraryの発表した英語で書かれた20世紀最高の小説では2位にランクされている。

J・D・サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』でもこの本が登場する。サリンジャーの同作は、『グレート・ギャツビー』との共通点も多いトルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』などの作品とともに、「イノセンス(無垢)」をテーマにしたアメリカ文学の系譜のなかでも高く評価されている。現在では両作ともに世界中の読者から愛読されている。

村上春樹の『ノルウェイの森』でも主人公がよく読んでいる本として登場する。村上は『グレート・ギャツビー』を自分が最も影響を受けた作品の一つに挙げており、本作の日本語訳も手がけている。
スコット・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』中央公論新社
‹ こころ赤と黒 上 ›
こちらも閲覧されています