BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

変身 名言と作品紹介

内容紹介

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか……。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふ...▼

名言抜粋

人づきあいだってそうだ。相...
この、早起きというやつは人...
やけくその決心よりも冷静な...

作品について

『変身』は、フランツ・カフカの中編小説。ある朝目覚めると巨大な虫になっていた男と、その家族の顛末を描く物語であり、カフカの作品の中ではもっともよく知られている小説である。1912年執筆、1915年の月刊誌『ディ・ヴァイセン・ブレッター』10月号に掲載、同年12月にクルト・ヴォルフ社(ライプツィヒ)より「最後の審判叢書」の一冊として刊行された。

カフカはこれ以前に執筆していた「判決」「火夫」とこの作品を合わせて『息子たち』のタイトルで出版することを考えていたが、採算が合わないという出版社の判断で実現しなかった。
カフカ『変身』新潮文庫
‹ 銀河鉄道の夜夜間飛行 ›
こちらも閲覧されています