135
響きと怒り 上

Content

内容紹介

斬新な語りの手法と構成で、新しい文学表現に挑んだフォークナー(一八九七‐一九六二)の最初の代表作。語り手たちの内的世界のかなたに、アメリカ南...▽

冒頭・書き出し

くるくる巻いた花たちのすきまから、棚のむこうでその人たちが打っているのをボクは見ることができた。その人たちは旗があるところへやってきていて、ボクは
...▽

名言抜粋

戦場は人間に、おのれの愚劣と絶...
人間はいつだってだらだらと癖が...
むかし紳士の人となりはその人の...
人間は歴史よりも長いあいだ時間...
時間は小さな歯車によってカチカ...
響きと怒り 上
フォークナー
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

響きと怒り 下
フォークナー
白鯨 下
メルヴィル
ワーニャ伯父さん・三人姉妹
チェーホフ
老人と海
ヘミングウェイ
アルケミスト
パウロ・コエーリョ
ねじの回転
ヘンリー・ジェイムズ
あしながおじさん
ウェブスター
夜間飛行
サン・テグジュペリ
ライ麦畑でつかまえて
サリンジャー
ジュリアス・シーザー
シェイクスピア
白鯨 上
メルヴィル
はつ恋
トゥルゲーネフ

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング