BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

ロミオとジュリエット

内容紹介

モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の舞踏会に仮面をつけて忍びこんだが、この家の一人娘ジュリエットと一目で激しい恋に落ちてしまった。仇敵同士の両家に生れた二人が宿命的な出会いをし、月光の...▼

名言抜粋

目に見える美しさは、目に見...
不幸ってものは道連れが好き...
恋とはね、いわば深い溜息と...
傷の痛みを知らぬ奴だけが、...
恋はつらい、あまりに残酷だ...
世間も、世間の法律も、どち...
激しすぎる歓喜というものは...
長い結婚生活を送る女が、ま...

ストーリー

※物語の核心にふれています。

モンタギュー家の一人息子ロミオは、ロザラインへの片想いに苦しんでいる。気晴らしにと、友人達とキャピュレット家のパーティに忍び込んだロミオは、キャピュレット家の一人娘ジュリエットに出会い、たちまち二人は恋におちる。二人は修道僧ロレンスの元で秘かに結婚。ロレンスは二人の結婚が、両家の争いに終止符を打つきっかけになることを期待する。

しかしその直後、ロミオは友人とともに街頭での争いに巻き込まれ、親友・マキューシオを殺されたことに逆上したロミオは、キャピュレット夫人の甥ティボルトを殺してしまう。このことからヴェローナの大公エスカラスは、ロミオを追放の罪に処する。一方、キャピュレットは悲しみにくれるジュリエットに、大公の親戚のパリスと結婚する事を命じる。

ジュリエットに助けを求められたロレンスは、彼女をロミオに添わせるべく、仮死の毒を使った計略を立てる。しかし、この計画は追放されていたロミオにうまく伝わらなかった。そのためジュリエットが死んだと思ったロミオは、彼女の墓で毒薬を飲んで自殺。その直後に仮死状態から目覚めたジュリエットも、ロミオの短剣で後追い自殺をする。事の真相を知って悲嘆に暮れる両家は、ついに和解する。
シェイクスピア『ロミオとジュリエット』新潮文庫
この本に自由に「 栞 (しおり:タグ)」をつけることができます。
例:○○のときに読みたい、愛読書にしたい など
‹ ハムレットヴェニスの商人 ›
こちらも閲覧されています