BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

椿姫 名言と作品紹介

内容紹介

椿の花を愛するゆえに“椿姫"と呼ばれる、貴婦人のように上品な、美貌の娼婦マルグリット・ゴーティエ。パリの社交界で、奔放な日々を送っていた彼女は、純情多感な青年アルマンによって、真実の愛に目覚め、純粋で...▼

名言抜粋

どんな国の言葉でも、真剣に勉強...
今日では、人間二十五歳にもなる...
神は、教育によって善というもの...
すべての知識人の努力は、同じ目...
悪はむなしいものにすぎないのだ...
あなたには、ご両親やお友だちが...
あなたのそのお悲しみの原因を話...
肉体の欲望が魂の夢に対してこう...
人間の心というものは、いったん...
女というものは、気にくわない男...

作品について

『椿姫』は、アレクサンドル・デュマ・フィスが1848年に実際の体験を基にして書いた長編小説。小デュマ自身による戯曲も書かれた。

主人公のモデルはかつて作者が交際していたマリー・デュプレシという高級娼婦。

恋人アルマンのイニシャルである「AD」は小デュマのイニシャルと同じである。

この作品は人々に愛されて幾度も舞台化、映画化され続けてきた。演劇に写実主義を初めて持ち込んだ作品でもある。
デュマ・フィス『椿姫』新潮文庫
‹ 居酒屋シェイクスピア名言集 ›
こちらも閲覧されています