BOOK INDEX
名言で読む名著傑作の集大成 名著全書

坂の上の雲 一 名言と作品紹介

内容紹介

日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真之兄弟。俳句改革に命をかけた正岡子規。 伊予松山出身の3人を中心に、明治という時代の明暗と、近代国家誕生にかけた人々の姿を描く、不滅の国民文学。

名言抜粋

世間にはいろんな人間がいる。笑...
人は生計の道を講ずることにまず...
男にとって必要なのは、「若いこ...
おのれの意見もない者が、他人の...
のっけから運をたのむというのは...
世間というのは迷信の着物をきて...
むいていなければさっさとやめる...

作品について

司馬の代表作の一つとして広く知られ、長編作品としては初めての近代物である。維新を経て新国家に生まれ変わった日本が、欧米列強にさかんに学びながら近代国家としての体制を整えてゆき、日清戦争など幾多の困難を乗り越えて、ついには日露戦争においてロシア帝国を破るまでを扱う。旧伊予国(愛媛県)松山出身で、日本陸軍における騎兵部隊の創設者である秋山好古、その実弟で海軍における海戦戦術の創案者である秋山真之、真之の親友で明治の文学史に大きな足跡を残した俳人正岡子規の3人を主人公に、彼らの人生を辿りながら物語が進行する。
司馬遼太郎『坂の上の雲 一』文春文庫
‹ 竜馬がゆく 八坂の上の雲 二 ›
こちらも閲覧されています