103
イワン・デニーソヴィチの一日

Content

内容紹介

1962年の暮、全世界は驚きと感動で、この小説に目をみはった。当時作者は中学校の田舎教師であったが、その文学的完成度はもちろん、ソ連社会の現...▽

冒頭・書き出し

午前五時、いつものように、起床の鐘が鳴った。ラーゲル本部に吊してあるレールをハンマーで叩くのだ。その切れぎれな鐘の音は、指二本の厚さに氷の凍てつい
...▽

名言抜粋

ぬくぬくとあたたまっている奴に...
人間は黄金より値打ちがある。
あぶく銭というやつは、やっぱり...
ああ、世はまさに食うか食われる...
備えあるものは金持ちにまさる。
イワン・デニーソヴィチの一日
ソルジェニーツィン
amazon で見る

一緒に閲覧されている本

沈黙の春
レイチェル・カーソン
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
マックス・ヴェーバー
変身物語 上
オウィディウス
桜の園
チェーホフ
カラマーゾフの兄弟 4
ドストエフスキー
白鯨 上
メルヴィル
アンナ・カレーニナ 下
トルストイ
アンナ・カレーニナ 中
トルストイ
ライ麦畑でつかまえて
サリンジャー
人形の家
イプセン
椿姫
デュマ・フィス
デイヴィッド・コパフィールド 2
ディケンズ

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名著おすすめ表示
BookIndex について
今日のベストセラー ランキング