12
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
マックス・ヴェーバー

Content

内容紹介

営利の追求を敵視するピューリタニズムの経済倫理が実は近代資本主義の生誕に大きく貢献したのだという歴史の逆説を究明した画期的な論考。マックス・...▽

名言抜粋

人生の時間は、自分の召命を「確...
富が危険視されるのは、ただ怠惰...
営利を「天職」と見なすことが近...

作品について

ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーによって1904年~1905年に著された論文。大学教育現場などでは『プロ倫』と略する。プロテスタントの世俗内禁欲が資本主義の「
...▽
著者について ▽
書誌情報 ▽
この本を見る

一緒に閲覧されている本

イワン・デニーソヴィチの一日
ソルジェニーツィン
女の一生
モーパッサン
仕事としての学問 仕事としての政治
マックス・ヴェーバー
人間不平等起源論
ルソー
14歳からの社会学
宮台真司
職業としての学問
マックス・ヴェーバー

BookIndex

名著一覧
タグ一覧
著者一覧
名著索引
人気名著
人気名言
苦悩別索引
世界名著100冊
名著史
名言アシスタント
名著おすすめ表示
BookIndex について

今話題の本

今日のベストセラー ランキング